大人の休日(2日目)

娘も無事に学校行事に出発し、平和な大人の夏休みが始まりました。
今日のテーマは、引き続き「玉川兄弟の足跡をたどる旅」。
先週の続きなので、出発地点は西武拝島線の「武蔵砂川」という駅です。
f0005043_19191166.jpg


駅をちょっと南に行くと、東西に伸びる緑に茂る雑木林のベルトが見えてきます。それが、玉川上水の緑道。これを下流、つまり東へ向かって歩くのが本日のコースなのです。9時のスタート。いったい、どこまで行けるかな?

f0005043_1919312.jpgf0005043_19204597.jpg


清流のように見えますが、実はこれは再利用水。
玉川上水は「玉川上水駅」近くの浄水場で現在は途絶えているのです。以前は完全に水がかれていましたが、市民の要望で、下水をきれいにろ過して流すようになりました。初期は技術が十分でなかったのか、たまに臭うことがありましたが、現在では、鯉がたくさん群れ泳ぐ、きれいな水です。

f0005043_19264025.jpg
おじいさんに連れられて虫取りをしている男の子に出会いました。
お願いして、成果をパチリ。
まだ、東京にもこんなにたくさんカブトムシがいるんですね。
そういえば、こんな雨上がりの翌日の朝はたくさん取れるのでした。
私も、昔取った杵柄で試してみようかな。
f0005043_19284960.jpg
雌、一匹捕獲!
ふっふっふ。勘は鈍っていないようね。
都会っ子の夫に「すごいね。野生の本能だね」
と言われました。(ほめ言葉のような気が・・・しない・・・けど)



おっと、今日は「大人の夏休み」。虫取りしに来たのではないのでした。
ちょっと疲れてきたところに、ちょうどよく休憩場所が見えてきました。「こもれびの湯」という足湯施設。ここは、隣接のごみ焼却場の冷却のために汲み上げられた地下水を利用しての施設。毎日たくさんの人が訪れます。
f0005043_19374859.jpg
見上げれば、武蔵野の典型的な雑木林が広がります。
20分もつかれば、汗びっしょり。


雑木林を抜けて、今度は、野火止用水上の緑道を東大和市駅方面へ歩いていきましょう。
駅前を右に曲がるとすぐに見えてくるのが、東京都立薬用植物園
薬用植物ばかりを集めて育てている植物園なのです。
f0005043_19422889.jpg

地味な植物園ですけれども、私は小さい頃から、ここが大好き。とっても落ち着くのです。
小さいながら、よく手入れされた温室もあるんですよ。
f0005043_19434752.jpgf0005043_19435994.jpg

バナナの木にも、コーヒーの木にも青い充実した実がびっしり実っています。きっと係りの方が丹精しているんでしょうね。
なのですが、この植物園、効率至上主義の現都知事によって閉鎖されそうなのです。
あのさぁ。これだけ税収が上がっているんだから、小さな植物園のひとつやふたつ、残してくれたっていいじゃないの。私たちは何のために働いて住民税払ってるのよ。オリンピックのためじゃないんだからね!としばし憤慨。

名残惜しいながらも、植物園を後にして、ふたたび玉川上水へ戻ります。
そろそろお昼。お腹が空きました。
上水沿いにも良いカフェはいろいろありますが、本日は、少し離れたところにある「Tsukushi]
というブラッセリーに。
f0005043_1950564.jpg
こちらは、夫が頼んだ「鯛とエビの重ね焼き」のコース。私はイサキのポワレをいただきました。
お腹も一杯になり、また元気が沸いてきました。
もうちょっと歩きましょうか。
というわけで、ここからまた玉川上水に戻り、鷹の台駅を経て、最後「一橋学園駅」まで踏破して、本日のお散歩は終了。

歩いた時間は3時間、たぶん全長約12キロほどになりました。ふぅ。
[PR]
by myobento | 2007-07-16 19:53 | 散歩

毎朝20分で作る!お弁当の記録


by myobento

プロフィールを見る
画像一覧

お弁当を作り始めて
早20年。
フルタイムで働く私と家族のお弁当を作っています。時代遅れのお弁当ですが・・・

検索

画像一覧