横浜お花見散歩

「春休みは家族みんなで横浜中華街に行って、中華三昧をしたい!」と娘。春分の日にでかける予定が私の風邪で延期。ようやく春休み最後の週末にでかけることができました。
f0005043_19235560.jpg
娘「ねぇ、ねぇ、どこにしようかな。私、最後はぜったいに胡麻だんごとチャーシューまんで上がりにするんだ」
そうね。そのために朝ごはんは軽くしたんだものね。
中華街をひとまわりして、勘で選んだお店は、福建料理と上海料理の「三和楼」。
媽祖女神コースが、ヘルシーでおいしそうじゃない?


f0005043_1945412.jpg冷菜盛り合わせと福建風海苔のスープの後、出てきたのが「芝海老とクワイの香り炒め」。
これが上海風なのね。ソースだけで白いごはんが食べられてしまう、というエビチリや油こってりの北京料理とは対極にある中華でしょうか。
薄味でさわやか~。するするといくらでも入っちゃいます。


f0005043_1950961.jpgこちらは、「青野菜と上海餅の炒め」。
おもちを炒める、というのがおもしろいですね。日本のような粘りの強いおもちとは違って、韓国のトッポギに近い感じでしょうか。しゃきしゃきなのに火が通っている、という不思議な青梗菜がおいしい♪


f0005043_19521097.jpg一番楽しみにしていたのが、「海鮮湯葉巻きの貝柱ソース」。中華湯葉の中に、海老やかになど海鮮がたっぷり巻かれています。それが香り高い貝柱のソースに泳いでいます。


この後、黒酢の酢豚と金華ハムと海老のチャーハンをたいらげて、最後に桜色の胡麻入り白玉で〆ました。
こんなにもたれない爽やかな中華は生まれて初めてでした。三人とも大満足。


f0005043_2005397.jpg娘「これなら、まだまだいけそう!」
まぁ、そうだけど。まずは散歩をして腹ごなしをしようよ。
ということで、元町から汐汲坂を上って横浜洋館めぐりへ。お父さんはロマンチックなのが大の苦手だから、一度もいっしょに来たことないのよね~、横浜って。結婚したのは横浜なのにさ。


娘「あー、なんかこの町ってバタ臭いね~。私、こういうところ来ると体がかゆくなっちゃうんだよね」
・・・お父さんのDNAを受け継いだね。
とにかく、「港の見える丘公園」までは行こうよ。一度来てみたかったんだから。で、ツーショットの写真をとってみたかったんだから。
娘「わかった、わかった。一枚だけなら撮ってあげる」

公園からフランス山を通って再び中華街へ。念願の胡麻だんごとチャーシューまんも無事おなかにおさまりました。
娘「あー、満足満足。今日は私のために本当にありがとうございました♪」
殊勝に頭を下げられてびっくり。今年は受験生を抱える我が家。こんな機会当分お預けかもしれません。思い切ってでかけてよかったです。
f0005043_21402932.jpg
こちらはお土産に買った「清風楼」のしゅうまい。「しゅうまいといえば清風楼」というくらい中華街では有名なお店。個人的には、セキネのしゅうまいの方が好き、かな?



帰宅してほっと一息ついていると、風呂場から娘の悲鳴が。
娘「・・・どうしよう。一日で1キロ増えてる~!!」

ご愁傷様。
[PR]
by myobento | 2008-04-05 19:35 | 散歩

毎朝20分で作る!お弁当の記録


by myobento

プロフィールを見る
画像一覧

お弁当を作り始めて
早20年。
フルタイムで働く私と家族のお弁当を作っています。時代遅れのお弁当ですが・・・

検索

タグ

画像一覧