カテゴリ:散歩( 82 )

神代植物園へ

このところ、ずっと、ウィークデーは激務、土曜は仕事、日曜は倒れている、という繰り返し。夕食は崩壊。運動不足で駅の階段をあがると息切れするまでになっていました。
そんな私を横目で見ていた夫が「この日曜日こそは散歩にいこう」と誘ってくれました。
本当は、山登りに行きたい季節だったんですけど、急に山登りは無理かな・・・と思い直し、神代植物公園に出かけてきました。
まずは深大寺そばを食べて腹ごしらえ。
f0005043_20345688.jpg

正門をくぐって最初に見えてくるのが大きな水辺。
小さい頃、ここでおたまじゃくしをすくったんですよね。懐かしい。
たぶん、毎日、ブラウザとにらめっこしていたのがいけないんですよね・・・あー、オフラインってとっても気楽。

f0005043_20313244.jpg

薔薇園、ちょっと盛りを過ぎちゃいましたけど、いい香り。

f0005043_20454530.jpg

水生植物園では菖蒲が満開でしたよ。
[PR]
by myobento | 2010-06-13 20:54 | 散歩

ようやくお花見

東京地方は、木曜日の夜半から台風なみの暴風雨。桜はどうなってしまうのだろう。
雨戸ががたがた立てる音で、夜明け前に目が覚めました。
世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

一晩明けて、ようやく青空が顔をだしました。
f0005043_22242344.jpg

あ、よかった。桜、散ってなかったみたい。

満開を過ぎると、風がなくてもはらはら散るのに。
満開前は、あんなに酷い暴風雨にも耐えるんですね。
それが命っていうものかもしれない。
f0005043_2226626.jpg

ほら、わんこよ、みてごらん。
あんなに満開だよ。
えらいねぇ。
f0005043_222954100.jpg

(・・・あ、そう)
[PR]
by myobento | 2010-04-03 22:31 | 散歩

草津温泉へ

今日は、「草津温泉」に出かけてみようと思うのです。
サンドイッチのおひるごはんも終わったし、電車に乗って出かけます。
降り立ったのはとある駅。
f0005043_20524610.jpg
駅から少し歩くと、広い川に出ました。
向こう側に、今までさっきまで乗ってきた電車が走っていくのが見えます。
昨日までの風も止んで、のんびりぽかぽかお散歩陽気。


f0005043_20555576.jpg
春の土手、といえば、つくし。
もう出てるかな、と探したら、あちこちに顔を出してました。
おっ、のびるも生えているじゃないの。
わんこが来ない急斜面の真ん中あたりを選んで、春菜摘み。


2時間歩いて、くたびれました。そろそろ温泉へ行くことにしましょう。
f0005043_2104259.jpg
じゃーん。これが本日やってきた草津温泉です。
場所は、目蒲線(今は多摩川線)の矢口渡し駅から徒歩3分。
このあたりは、ご存知、大田区黒湯地帯のため鉱泉が出るのです。お湯の見た目は麦茶~コーラまでいろいろですが、ここは麦茶くらいの色。
ここの最大のウリは、鉱泉100%かけ流し、というところ!
すごいでしょ、東京で源泉かけ流しって。


私は小さい頃、大田区に住んでいて、祖母と手をつないで黒湯の銭湯に通ったんですよね。なので、ときどき、無性に黒湯の銭湯に入りたくなるんです。
草津温泉は、地域のみなさんのサロン的銭湯で、湯上りには、ロビーにたくさん並んでいる安楽椅子やマッサージチェアに座って、みんなで日曜夕方のゴルフ番組とか、大相撲の中継を見ながら、ビール片手に素人解説したりしてます。
帰りは、蒲田の駅前で名物の餃子で生ビールを一杯飲んだら、ごきげんな草津旅行の出来上がり♪

本日のお散歩コースは、
多摩川駅→多摩川河川敷→矢口渡し の5.5キロコースでした。

本日の夕ご飯
[PR]
by myobento | 2010-03-14 21:11 | 散歩

初散歩

ここのところ、忙しくて、ちっとも散歩に出ることができなかったので、お正月休みの間に歩くことにしました。

本日出かけたのは、矢切。そう、あの「矢切の渡し」の矢切です。
東京と千葉の間には、江戸川が流れているんですが、東京側の橋が、寅さんの故郷である柴又。川向うにわたると、千葉県の矢切なのです。矢切の渡しといえば、古い話では、「野菊の墓」の政夫と民子の別れのシーンでも有名ですよね。野菊の道をたどって、川べりに到着。

f0005043_18442837.jpg

柴又側からは長蛇の列の矢切の渡しですが、なぜか矢切側からは、ガラガラに空いているのです。柴又から乗られた方はどちらへ行かれるのでしょう?
f0005043_18571495.jpg

真っ青な空。
ゆっくり流れる川。
川には、鴨。
なんか、いいですね、お正月らしくて。
[PR]
by myobento | 2010-01-02 18:46 | 散歩

善福寺川

山手線の広告を見ていたら、杉並を流れる善福寺川沿いのお散歩情報が放映されてました。午前中お天気がもちそうだったので、ちょっと歩いてきました。

f0005043_20411474.jpg西武新宿線、上石神井駅で下車、まずは善福寺へ。
あんまり情緒あふれるお寺ではないんですが、ここを道なりに下ると、善福寺公園です。
あ、池がある。ここは、きっと崖下から地下水が湧き出ている場所なんでしょうね。やっぱり、水はいいなぁ、なんだか癒されるなぁ。


f0005043_20502586.jpg善福寺公園には、野鳥、とくに鴨の種類が多いんですよ。オナガガモとかマガモ、それにカルガモもいました。
で、ところで、この鳥はなんですかねぇ??
バリケンという鳥らしいです。どうも捨てられた鳥らしい。

池のまわりの林の中には、初夏のキノコがいろいろと。私はアラゲキクラゲを大量ゲット!しました。


f0005043_20562679.jpg睡蓮も咲き始めてました。
蓮の葉の上に、アマガエルがいたら、もっとすてきなのになぁ。

この後、善福寺川沿いをずっと荻窪のほうまで歩きました。うーん、でも石神井川沿いのほうが緑があって楽しいかな。杉並は都心のスモッグが降りてくる場所なので、どうも空気がいまひとつかも。次回は、空気の良い場所を歩きたい。
[PR]
by myobento | 2009-06-14 20:59 | 散歩

都心散歩

ずっと山登りもトレッキングも、散歩さえもできない日々。
運動不足のせいか、股関節の調子が悪く、そのせいで気分も↓↓。その上、今週風邪で寝込んだせいで仕事が押してしまい、今日は休日出勤する羽目に。空も、気持ちも、どんより。

出勤の支度をしていて、ふと思いついたのです。
そうだ!今日は職場で誰にも会わないんだから、スニーカー履いて、歩いて職場まで行っちゃおう、と。ペットボトル入りの水をかばんに入れて、つば広の帽子をかぶって出かけてみました。
f0005043_21174240.jpg

職場までは、最短で歩けば4キロくらいだと思うんですが、今日はあくまでも「トレッキング代わり」ですので、なるべく車とすれ違わず、自然を感じられるところを選んで歩きます。
ここは上野寛永寺。天璋院篤姫の墓所があるお寺です。ここから、国立博物館裏を抜けて動物園方面へ。
f0005043_21211475.jpg

・・・えっ?
お前、動物園から抜け出してきた・・・わけじゃないよね。国際子ども図書館の前で、なんと、たぬきに出会ってしまいました。隣の国立博物館は、明日が阿修羅展の最終日ということで、長蛇の列だというのに。上野の森はのどかですねぇ。

動物園裏から、不忍池へ。青々とした蓮をながめながらぐるりと回ります。ここで、行程の約半分。
f0005043_2126236.jpg

湯島裏の静かな道を通り、こないだお祭りが終わったばかりの神田明神へと上がります。そうしたら、もう御茶ノ水、聖橋です。
おお。歩き始めてから久しぶりの車通り!なんだか突如都会に出てきたみたい。あわてて御茶ノ水の日大駿河台病院から杏雲堂病院への道へ。
大好きな「ヒルトップホテル」の前から神保町すずらん通りへと抜けました。
f0005043_21383642.jpg

神保町の隠れた名物のひとつが、ロシア料理。
すぐそばにギリシャ正教の教会、ニコライ堂があるので、昔からロシア料理の店が多いんです。ボルシチのセットで早めのお昼にしました。

というわけで、本日の歩数、14000歩を超えました。めでたし、めでたし。
[PR]
by myobento | 2009-06-06 21:12 | 散歩

春の向島

朝は風がビュービュー吹いてどうなることかと思ったのですが、昼前には青空が広がり、風も止んで本日は絶好のサイクリング日和。娘とふたりでちょっとその辺りまで春を探しにでかけます。
まずは腹ごしらえ。
樋口一葉の記念館の前を通り、色町吉原へ。吉原の大門の前にある中江という桜鍋やに入りました。夜はけっこう値段が張るんですが、土日祝日限定で格安のランチがあるんです(30食限定)。桜肉のタルタルステーキ・馬刺しを頂いて、それから味噌仕立ての桜鍋をいただきます。桜鍋で体がぽかぽか温まったところで、白髭橋を渡って向島へ。
f0005043_22404328.jpg
向島百花園はいつ出かけても花がたえることがありませんが、今日は遅咲きの梅と寒緋桜、サンシュユにシナマンサクが見頃でした。

今年は梅が咲き始めてからずーっと雨ばかりだったので、ゆっくり梅見をする機会がありませんでした。間に合って、よかった。柳も淡い緑の新芽を伸ばしはじめてましたよ。


f0005043_22475697.jpg

寒緋桜が咲いたとなると、この季節外せないのが長命寺の桜餅。
ふつう、桜餅というと道明寺で作ったものが多いと思うのですが、ここのものはクレープのような薄い生地にこしあんを包み、それを八重桜の葉の塩漬け4枚で挟んであるのが特徴。
桜の葉の香りと塩味が適度に生地に移って、ごく薄甘の餡を引き立てて、おいしいのです。

持ち帰りが主ですが、店先でも頂くことができます。お茶とセットで250円也。


長命寺のすぐ向こうは隅田川の桜橋。ここから、上流に向かってサイクリングロードを一路汐入まで走ります。ほんと、「春のうららの隅田川」と歌いたくなるような素敵な陽気でした。
[PR]
by myobento | 2009-03-07 22:57 | 散歩

三浦海岸 岩礁の道

暖かかったので、三浦海岸に散歩に出かけました。

f0005043_18343783.jpg

「なんだかいつもより三崎口行きの電車が混んでいるな・・・」と思っていたら、三浦海岸駅前では桜祭りの最中。
うっかりデジカメを忘れたので、本日はケータイにて。
三浦海岸駅から三崎口までの線路の海側にはずーっと河津桜の並木になっているのです。それがもう満開だったんですね。

私たちは、この混雑は避けて、剱崎行きのバスに乗り、剱崎灯台を目指しました。花曇りではありましたが、遠くに房総半島が見えます。

f0005043_1838714.jpg

ここから、岩場に下りると、三浦海岸までずーっと岩礁の道が続いています。
三浦海岸はずーっとこんな「段々畑」のような形状の岩場が続いています。大昔の海底が隆起したものらしいです。ところどころ、人の手で穿ったような直径30センチほどの丸い穴が開いています。たぶん、ここだけやわらかい岩だったので、長い間に削られたのでしょうね。
中を覗き込むと、さまざまな色の海草やイソギンチャクの間に、ボラの稚魚や蟹がゆっくりと動いています。まだ寒いのね。これから、もっと命鮮やかな春の海になっていくのでしょうね。
[PR]
by myobento | 2009-02-22 18:40 | 散歩

大山詣り

「大山」と書いて「おおやま」、神奈川県にある山です。今日はこの山に登ってみたいと思います。
大山の標高は1252m。久々の1000メートル越え。登り切れるかな?

さて、大山の阿夫利神社の創建は2200年以上も前、崇仁天皇の時代だそうです。「阿夫利」というのは「雨降り」の意。古くは雨乞いに関係していたと思われますが、近世では特に、商売と博打にご利益がある、ともされ江戸から遊山もかねた参拝客がたえなかったそうです。

登山口の大山ケーブル駅までの参道には名物の湯豆腐やこんにゃくの店、大山独楽を扱うみやげ物やなどが軒をつらねています。私たちはケーブルカーは使わないので、裏手に回って女坂を登っていきます。
f0005043_12161596.jpg一時間ほどで下社に到着。ここで早めにお弁当を食べて頂上を目指します。神社の地下にはご神水が湧き出ている場所があるので、そこでおいしい水を汲んでリュックに装着。


下社の左に鳥居があり、ここから上社への登山道が始まるわけですが。冒頭にとんでもなく急な階段があるんですよ。ひぃひぃ言いながら登ると、そこからは修行の山になります。
下社から上社の間にはところどころ道しるべがあり、「○丁目」と書いてあります。頂上は28丁目なので、それを見ながら「半分来た」とか「あと3丁目」などと思いながら登るわけです。

25丁目あたりに視界が開ける場所があり、天気がよければ富士山が見えるはずなんですけれどもねぇ・・・昨日はあいにくの曇天。ただひたすら、登るのみ。曇った日の登山ってなんか、ストイックだよなぁ。
f0005043_12272395.jpg
ようやく頂上に到着。
そこにはうちの町内が江戸時代に寄進した鳥居が立っておりました(驚)きっと、その道中は落語の「大山詣り」そのものだったことでしょう(苦笑)

ガスでさっぱり何も見えない上、どんどん寒くなってきたので、今日はこれで退散することにします。
うぅ、おろしたての登山靴が足にあわなくて痛い(;;) 普通のスニーカーにすればよかったなぁ・・・1000m超えということで張り切りすぎたかも。

ということで、道すがらみかけた東学坊で立ち寄り湯することに。私が選んだのは露天風呂。湯船に身体を浮かべながら、見上げると名残の紅葉。その色が夕暮れでだんだんくすんでいくのを眺めながら、ぼんやりすごしました。

さ、家に帰ったら、大山豆腐で湯豆腐だ。
[PR]
by myobento | 2008-12-13 23:57 | 散歩

小さき鳥の形して

f0005043_9495394.jpg

今朝、東京地方は嵐かと思うくらい、強い南風が吹き荒れました。

我が家からほど近いところに、一抱えもある銀杏の木が点在している広々とした場所があり、そこがわんこと私の朝の散歩コースになっています。
すっかり黄葉していた銀杏は、この南風にたまらぬ様子で一斉に葉を散らし始めました。

まるで、金色の吹雪。

わんこと私はしばし呆然として、金色の吹雪を見上げていました。
そういえば、小学校の教科書に載っていた短歌にこんなのがありましたね。

金色の小さき鳥の形していちょうちるなり夕日の丘に  (与謝野晶子)

全国の教科書に載っていたからでしょうね。この時期になると思い出す歌らしく、あちこちのブログに引用されていました。
そういうのって、ちょっと恥ずかしいけど、ちょっといい。みーんな小学校で習ったことは忘れないんだな、って。

大学で習ったことなんてすぐに忘れるのにね。
[PR]
by myobento | 2008-12-05 09:58 | 散歩

毎朝20分で作る!お弁当の記録


by myobento

プロフィールを見る
画像一覧

お弁当を作り始めて
早20年。
フルタイムで働く私と家族のお弁当を作っています。時代遅れのお弁当ですが・・・

検索