カテゴリ:散歩( 82 )

成田から印旛沼へ

出勤途中に見つけたチケット屋。そのショーケースの中に見つけたのが、
「京成線乗り放題 株主優待券」 その値段300円也。上野から成田空港まで乗ったら1130円なのに。
そこで、チケットを4枚購入。週末散歩の先は成田に決めました♪

f0005043_2111772.jpg成田といえば、市川団十郎・海老蔵に縁の深いお寺。団十郎には「成田屋!」と、ごひいきから声がかかりますものね。でも、夫も私も東京生まれでしかも歌舞伎好きなのにこれまで一度も来たことがなかったんですよ。

日暮里で特急に乗車して1時間10分ほどで成田に到着。
やはり千葉ですね。参道には落花生を扱うお店、それからうなぎ屋さん、小魚の佃煮屋さんが軒を連ねてます。
f0005043_21144763.jpg
いやぁ、大きなお寺。池上の本門寺より大きい。もしかして、増上寺よりも大きいかも。
ちょうど紅葉が見ごろでした。
お昼は参道にあったうなぎ屋さん「菊屋」にて、うな重にしましょうか。


おなかもいっぱいになったところで、駅に戻ります。京成成田からすぐ目の前にあるのがJRの成田駅。路線を眺めているうちに、今まで乗ったことのない「成田線」に乗りたくなってしまいました。
をを!単線だ。なんだか遠くまで旅に来た気分。
一駅だけ乗って「下総松崎(しもうさまんざき)」という駅で降りてみます。
駅の歩道橋の上から見渡せるのは、きっと印旛沼。
反対側にはこんもりした雑木林に囲まれた田んぼが入り組む、懐かしい田園風景が広がっています。この辺りの、沼地と雑木林に囲まれた田んぼは「谷津田(やつだ)」と呼ぶそうで、豊かな生態系が残っているところらしいです。谷津田はどんどん減っているそうですが、この周りでは保護活動などもあり、昔ながらの風景が残っているのだとか。
f0005043_2136283.jpg

道なりに歩いていくと、「坂田池」という場所に出ました。
人工の池なのかと思いましたが、どうも印旛沼系の沼地を整備した場所のようです。すっかり枯れた蓮を縫って、鴨が忙しく餌をさがしていました。
行き当たりばったりの週末散歩でしたけれども、かえって意外性もあり、のんびりできました。
[PR]
by myobento | 2008-11-30 21:01 | 散歩

晩秋の弘法山散策

一昨日くらいから快晴の首都圏。山は紅葉がきれいなんだろうなぁ。山登りしたいなぁ・・・とオフィスの窓から真っ青な空を眺めて、週末こそは!と思っていました。なのに、夫は仕事へ・・・仕方がないので、ひとりで登れる低い山を選びました。
着いたのは、新宿から急行で1時間20分の秦野駅。
f0005043_19451963.jpg
駅前に流れる川に沿ってしばらく歩くと、湧き水にでくわしました。「弘法の清水」とか。このあたりは弘法大師にちなんだ場所があちこちにあるんですね。
橋を渡ると、「豆峰商店」という豆やさん。地元の人らしき人たちがひっきりなしに入っては贈答用でしょうか、お豆を買っていきます。きっとおいしいんでしょうね。扱っているのは、殻つきの落花生やバターピーナツなど数種類。私も並んで、殻つき落花生を買い求めました。


この近くから山道に入ります。といっても、今回は「弘法山公園」という整備された低山の連なり。階段も整備されてます。ものの10分ほどで最初の山、浅間山の頂上に到着。
f0005043_1958417.jpg

わーい、富士山だ。
これが見たいばっかりに秦野まで来たんですよね~。何と言っても富士山のすばらしいところは、周りには比較できるような高い山がひとつもなく、別格の高さを誇っているところではないでしょうか。
子供のころは、部屋の窓から富士山のてっぺんが見えました。通学路でも畑の向こうに大きく富士山が見えました。毎日見ても富士山は飽きないんですよね~。
でも、高いビルが建つたびに、東京では富士山が見える場所がどんどん減ってしまいました。
だからでしょうか。ときどき、無性に富士山が見たくなるのです。

f0005043_20132526.jpgあれ?なぜ、こんなところに羊?
権現山と弘法山の途中に「めん羊の里」という牧場がありました。
レストラン「木里館」が併設されています。今日はお弁当をもってこなかったので、ここでお昼ご飯をいただくことに。



f0005043_20161875.jpgやっぱり、羊牧場に来たのだから、ジンギスカンでしょう。って、写真を並べるとなんだかかわいそうですが・・・(ちなみに食卓にのぼるラムはオーストラリア産ではあります。)
このすごい分量のラム、一人分の定食についてきたんですよ(@@)
をを~、柔らかい。クセもなーい。おいしーい。おなかいっぱいいただいて1260円也でした。秦野の温暖な気候を利用して作られているフェイジョアという珍しい果物もお土産に買って、牧場を後にしました。

浅間山から弘法山までは「公園」という感じの整備のされかたなのですが、ここから鶴巻温泉まではふつうの静かな山道。親子連れも減り、行きかうのはハイカーだけになりました。最近、山登りをしていると、整備されすぎの道や公園ではどうも箱庭で遊んでいるような気分になり、ふつうの山道のほうがほっとするんですよね。

f0005043_2072684.jpg最後のピーク、吾妻山で持ってきた熱いほうじ茶で一休み。木立の隙間から、南は小田原の海、北には丹沢の山の紅葉が覗いています。
ここから鶴巻温泉駅まではもうすぐ。本当は、鶴巻温泉で一風呂浴びて帰りたいところなんだけれどもな~。
それは次回にゆずりましょう。
[PR]
by myobento | 2008-11-22 20:51 | 散歩

昭和記念公園にて紅葉狩り

一昨日の朝、父から電話がありました。
父「君たち夫婦は、最近もウォーキングをしているのかな?」
うん、してるよ。
父「なんでも昭和公園は今週末が紅葉が見ごろだそうだ」
へぇ、そうなんだ。
父「見に行ったらどうだ」

実家は、昭和記念公園の方向。つまり、たまには実家にも顔を見せなさい、というなぞかけだったんですね。
f0005043_20152066.jpg

実家についたら、もうテーブルには母お得意のちらし寿司が並んでいました。ありがたや、ありがたや。中央にある牛もも肉のたたきは、私の手土産です。
にしても、ちらし寿司ばっかりは、いつまでも母を超えられないなぁ、とつくづく。
[PR]
by myobento | 2008-11-15 20:22 | 散歩

伊豆ヶ岳から子の権現への縦走

三連休、天気予報は058.gif。ならば、行くしかないでしょう。久しぶりの山登り。
どこに行こうか、とガイドブックを睨みつつ、眺望抜群という評判の「伊豆ヶ岳」をチョイス。

伊豆ヶ岳は、秩父の山々の中でも東京寄りにあってアクセスが楽な山。特に、駅から登山口まですぐ、というのが気に入りました。秩父へはレッドアロー号という特急もあるのですが、西武池袋線には特急に負けず劣らず早い「快速急行」という普通車があるんです。今回は、これを使って効率良く現地まで移動したいと思います。

伊豆ヶ岳登山口のある正丸駅を降り立つと、キーンと冷たく澄んだ山の空気。池袋から1時間20分とは思えません。ガイドブックには「初心者向け」とありますが、予想外の急勾配にも途中悩まされながら1時間、最初のピークである五輪山に到着。ここから、女坂を地道に登って、たどりついたのが伊豆ヶ岳。
f0005043_18225284.jpg

f0005043_20351662.jpg

おおお。こんなに眺めのいい山頂は久しぶり~。特に東南方面への眺めが抜群です。眺めの中に人家がない、というのも東京近郊の山としては珍しいのではないでしょうか。

さて、私たちは登山超初心者のくせに、今回は欲張った計画を立てたのでした。
伊豆ヶ岳から関東ふれあいの道をたどって、古御岳、高畑山、子の権現と3つの山々を縦走する、という計画なんですよ。なので、伊豆ヶ岳はまだ道1/3ほどなんです。古御岳でおむすびのお昼ごはんを済ませ、高畑山を制覇(!)するまでは元気だったんですよ。
が、秩父の山はどうも土というか岩がチャートとかいうもので、ものすごくもろいんですよ。そのせいで、下りがすっごく疲れるんです。

f0005043_1823306.jpg何度も小さなピークを登ったり下りたりするので、「今度こそ、頂上」と思いながらも、何度も裏切られつつようやく到着したのが、最後の子の権現。もうひざは、がくがくです。
子の権現は足腰に効く神様なんですって。妙に納得。巨大なわらじと巨大な下駄が奉られてました。
お参りしたら、明日の筋肉痛から開放されるでしょうか。


f0005043_20272049.jpg本日のおみやげは無人即売所で買った銀杏一袋(200円)と、子の権現から吾野駅までの道すがらあちこちで採ったむかご。
最終コーナーである吾野駅までのなだらかな坂道、いかにも「里の秋」という感じでほんとすばらしいトレイルでした。というわけで、本日は全長15キロ、5時間半たっぷりの山歩きでした。

あとは風呂に入って足をもんで寝ます♪
[PR]
by myobento | 2008-11-02 18:23 | 散歩

武蔵野の路:石神井川コース

先週夫と十条に出かけたときに、石神井川のほとりに遊歩道があるのを見つけました。ネットで検索したら、なんでも、「武蔵野の路」のひとつだそうです。先週は十条から王子までを歩いたので、今日はその反対側を歩いてみることにしました。

出発地点は豊島園という遊園地です。
f0005043_21383832.jpg豊島園からしばらくすると、練馬区の田園風景が見えてきました。まだ、こんなところがあるんですね。
練馬大根は見当たりませんでしたが、キャベツ、人参、ブロッコリーなどいろいろ。その後、しばらく静かな住宅地が続いています。


f0005043_22192443.jpg
左手にこんもりとした緑地が見えてきました。
城北中央公園、というところ。こんな縁でもないと来る機会なかっただろうなぁ。


f0005043_22213182.jpg
板橋区に入ってしばらくして、「板橋」という橋に出会いました。
ここを旧中山道が通っていたらしいですね。日本橋から2里25町33間とのこと。そばに商店街があり、いい匂いを立てて鶏屋さんが店先にコンロを出して焼き鳥を焼いていました。
お行儀が悪いんですけど、1本ずつもらって立ち食い(^^) とってもおいしかったです。
ここまでで出発から2時間経過。


f0005043_22433496.jpg
3時間歩いてようやく、先週出発した橋に到達しました。
なかなか長いお散歩でした。10キロ以上歩いたかな。

身体を動かして、なんとなく気が晴れました。
[PR]
by myobento | 2008-10-18 22:25 | 散歩

池上散歩

土曜日、いいお天気でしたねぇ。
元気ならば山登りにでも出かけたかったんですが。ま、今週は無理せず近所でお散歩することにしましょうか。
久しぶりに池上にでもでかけてみようかな。池上の駅から参道を経て96段の階段を登ると、広々とした境内の向こうに池上本門寺が見えてきます。
f0005043_21312155.jpg
小さな頃はこの近くに住んでいて、毎月祖母に連れられておまいりに来たんですよね。昔は境内に鳩の豆を売る露店があって、せがんで買ってもらったものでした。最近は鳩害があるので、豆は売らないみたいですね。
本門寺は日蓮上人が入滅した地。また、幕末に官軍が駐屯した地でもあるんですよね。

本門寺の周りをぐるりとめぐると、昔とあまり変わらないのんびりとした町並み。池上はたびたび、向田邦子の小説の舞台にもなった土地です。
f0005043_21413514.jpg
帰りには、池上駅前の「浅野屋」で名代のくずもちを購入(3人前700円也)。
パッケージの浮世絵が昔ののんびりした池上の田園風景を伝えています。



城南地区に散歩に来たら、外せないのが「黒湯」の温泉♪
小さい頃から、黒湯につかって大きくなったので、黒湯に入ると心底リラックスできるんですよね。今日選んだのは、池上駅から程近い「久松温泉」。43度と45度とかなりの高温の黒湯でしたけど、温泉に入っては、露天のバーデゾーンで涼み、また温泉に入る、というのを繰り返し、たっぷり汗をかいたら、先週の疲れがずいぶん抜けました。
また、明日からがんばろっと。
f0005043_21462360.jpg
くずもちは昔のままの味。
ここのくずもちは、生麩を醗酵させて作っている江戸風のくずもちです。たっぷりのきなこと黒蜜でいただきます。

たった3時間でしたけど、いい散歩でした。
[PR]
by myobento | 2008-10-05 21:48 | 散歩

聞こえないガイドブック

日・月と雨が降ってしまい、どうもなぁ、な今回の連休。最後の休日は晴れそうだったので選びに選んだ散歩のステージは「箱根」。箱根なら、散歩も山登りも温泉も同時に満喫できそうでしょう?しかも、小田急の箱根ハイキングパスを使えば割安だし♪
f0005043_18273068.jpg
というわけで、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と詠まれ、東海道の二大難所といわれた旧箱根街道を越そうという計画なわけです。

ここが起点の畑宿。ここから元箱根にある関所跡を目指します。
散歩の達人を見ても、「日帰りウォーキング」本を手にとっても、必ず筆頭に挙げられるモデルコースですよね。


ところが・・・
本や雑誌では絶対にわからない盲点があったのです。それは、「音」

箱根旧街道は(ある意味当然のことながら)現在の国道に並走しているわけですね。写真では深山幽谷そうに見えるんですが、実は10メートル向こうを国道が走っています。しかも登り、ということで、ずーっと「ぶぉー。ぶぃー」という車とバイクの音が聞こえるわけです。当然、空気も深呼吸したくなるようなものではなく。

計算外だったわぁ。

唯一救われたのは、途中の見晴らし茶屋。
f0005043_1938129.jpg

こんな風景を眺めながら、風に吹かれて名代のとろろそばを頂きました。

本日のお散歩、点数をつけるとしたら、68点というところかな。期末試験なら、落第ではないけどC評価、というところでしょうか。

ところで、温泉ですが。
[PR]
by myobento | 2008-09-23 18:33 | 散歩

映画deデート

連休2日目。台風13号、東京地方は恐れていたほどのこともなく、夜中のうちに通り過ぎてくれ、ほっとしました。
今日は連休プランで筆頭に挙げた「おくりびと」を観にいこうと思います♪

じ・つ・は、この間新聞の6ヶ月更新があったのですが、そのときに近所のシネコンの映画のチケットのプレゼントがあったのです。調べてみると、ちょうど「おくりびと」をやっているではないですか。

f0005043_20443510.jpg地味な映画ですけど、口コミでどんどん観客動員が増えているようですね。本木君もよかったのですが、山崎努さんはじめ脇を固める俳優さんたちが何とも素晴らしかったです。そして、庄内平野の雪景色も。
本木君はいつも非常にストイックに役に取り組むんですが、ストイックすぎてちょっと鼻につくときがあるんですよ。(みっちーもそうね。)ですが、今回は山崎努さんのいい抜き具合ともっくんの生真面目さの組み合わせがユーモアを醸し出していて、とてもよかったのです。

映画館を出ると1時。おなかが減りました。ですが、私はダイエット中。そこで、夫が選んだのが、こちら。
f0005043_211545.jpg
吾妻橋のたもと近くにある粋などぜう屋「平井」です。
どじょうなら、うなぎよりカロリーが少ない上、コラーゲンとカルシウムはたっぷりですものね。
お昼ごはんのあとは、吾妻橋を渡り浅草を散策。大満足の連休2日目でした♪

ところで。
[PR]
by myobento | 2008-09-20 21:17 | 散歩

荒崎海岸 初秋散歩

この春、夫と歩いた荒崎海岸。そのときには風が強くて全部歩くことができませんでした。そういうわけで、今回はリベンジ。
京急三崎口から矢作入口までバスに乗り、和田長浜から歩き始めます。
f0005043_21264099.jpg

荒崎海岸は岩礁と砂浜が交互に続く楽しい海岸です。潮溜まりをのぞくとヤドカリやかに、たまにはタコやウニも見つかります。
スニーカーをビーチサンダルにはきかえて、ズボンのすそをまくって歩くのも楽しい。
以前は夫が海嫌いだったため、海に行くたびに機嫌が悪くなり大変だったのですが、最近は自分から海に行こうって言うんですよね。
夫「昔はフナムシが怖かったんだけど、噛まないってわかったから平気になった」
・・・フナムシが噛むわけないじゃん。歯がないもん・・・今度は磯釣りでもしようか?
夫「いやだよ。だって餌にうじむしみたいなのをつけるじゃないか」
・・・うじむしじゃなくて、ゴカイだけどね・・・

散歩の最後にたどり着いたのは、長井港の水産直売所。鯵10匹で200円也を包んでもらい、ほかにもしらすや茄子(!)などあれやこれや買い込んで帰りました。
f0005043_21514366.jpg

こちらは、買った鯵をさっそくさばいて作った焼き鯵の南蛮漬け。大好評でした♪
[PR]
by myobento | 2008-09-15 21:55 | 散歩

夜の動物園

久しぶりに休みを取りました。
たった一日の夏休み。どうしようかな~。
というわけで、こんなところに行ってきました。
f0005043_21194993.jpg

動物園。
ですが、いつもの動物園ではないんです。夕方から開いている、お盆休み特別の夜の動物園。
昼の間は暑さにあえいで動かない動物たちですが、夕方になると元気になるんですよね。
エゾヒグマの兄弟なんて、水のなかで取っ組み合いの兄弟げんか(?)してました。
[PR]
by myobento | 2008-08-13 21:55 | 散歩

毎朝20分で作る!お弁当の記録


by myobento

プロフィールを見る
画像一覧

お弁当を作り始めて
早20年。
フルタイムで働く私と家族のお弁当を作っています。時代遅れのお弁当ですが・・・

検索

画像一覧