<   2007年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

毎日、毎日、僕らは筍だ~♪

と、去年も歌った気がしますが。毎日、毎日掘っては食べてます。
<4月28日の夕食>
f0005043_20335848.jpg

・お刺身(いか・鯵)
・焼き鳥
・生筍の天ぷら
・島ラッキョウの塩漬け
・大根と人参と蒸し豚の煮物
・ごはん

<今夜のポイント>
掘り立て筍の最高の贅沢は、ゆでていない生の筍の皮をそのままむいて、てんぷらにすること。掘り立てなら、えぐみはほとんどないんですよ。塩漬けのしまらっきょうといい、焼き鳥といい、エビスビールが進む、進む。 
28日は、外出だったため、お刺身と焼き鳥は購入。

<4月29日の夕食>
f0005043_2041531.jpg

・銀だらの西京漬け
・筍とぜんまいと油揚げの煮物
・小松菜の炒めオイスターソースかけ
・新玉ねぎと新きゅうりのおかかポン酢かけ
・筍ごはん
・奈良漬(到来物)

<今日の?>
新聞の記事から。
食卓で配膳する料理を、おかずごとに「大皿盛り」にする家庭が目立っていることが、食品メーカー「味の素」(東京)の調査でわかった。人数分の皿に分ける手間を省き、洗い物を減らしたいという事情がうかがえる。(中略)40代の夫婦と子ども2人がいる家庭では、サンマの塩焼き3匹が一枚の大皿に。「子どもも(母親の)私もあまりたべない」ためで、4人でこれを取り分けたという。

サンマ3匹を大皿からって・・・どうやって取り分けるのかしら。「目玉焼きを3つ大皿盛りにしている写真などもあり、私の頭の中には??が、ぐるぐるしてしまいました。
[PR]
by myobento | 2007-04-29 20:50 | 料理

東京にいちばん近い天然温泉

せっかくのGWなのですが、娘は「部長の仕事で忙しすぎて、どこも行けない!」んですって。
そこで、夫とふたり、日帰りでハイキング&温泉に行ってきました。
というわけで、今回出かけていったのは、「東京にいちばん近い天然温泉」というふれこみの七沢温泉。(東京の中にも温泉と呼ばれているところはありますが、あれは鉱泉ということなんですかね?)ま、細かいことはよくわかりませんが、東京から2時間たらずで山の中の温泉に行けるのはありがたいことです。

出発は8時半。10時半には、こんな風景のところにおりました。
f0005043_21111190.jpg

「ザ・日本の風景」っていう感じでしょう?
大根の花の向こうに、やわらかい新芽でパッチワークのように彩られた里山がみえます。あ~、空気がおいしいです。

まず訪れたのは行基聖人が開山したと伝えられる関東でも屈指の古寺、「日向薬師」。
f0005043_2185634.jpg

と書きましたけど、東京に生まれて40うん年。今回行くまで知りませんでした(^^;) まだまだ近場にも知らないところがたくさんあるんですね。
立派な茅葺の本堂です。

ここから、久々に山登り。といっても、404mですが。日向山に登りました。それなりにウォーキングで鍛えているつもりだったんですが、上り坂はまた別。うーん、息が上がってきました。
立ち止まると、あちこちからうぐいすのさえずりが。
日向山頂から急な七曲峠を下ると、水音が聞こえてきました。
f0005043_21165276.jpg
滝の脇に小さなほこらがあります。ここが大釜弁財天。



ここからは、沢に沿ってなだらかな林道をゆるゆると下っていきます。そして、お茶畑やマスの養殖場を見ながらたどりついたのが、七沢温泉郷。いちばん奥にあるのが、今日お世話になった元湯玉川館です。
f0005043_21224341.jpg

肌がつるつるになる強アルカリ泉のぬるめのお湯。お庭から源泉があふれ出るという好立地なので、循環なしのたっぷりのお源泉を楽しめます。
大きな窓の外は、目にしみる新緑。夜は時に鹿が通るそうです。
GWだから大混雑かと覚悟して行ったのですが、私と、あとはお行儀のよい女の子を連れた若いお母さんだけ。おしゃべりをしながら、ゆっくり温泉につかることができました。

ほんと、都心から2時間でハイキングと鄙びた温泉が楽しめるなんて、なかなかの穴場スポットでした。
[PR]
by myobento | 2007-04-28 21:20 | 散歩

スペアリブ弁当

f0005043_20472431.jpg

<今日のお弁当>
・スペアリブの香味揚げ
砂肝のガーリックソテー
・こんにゃくとごぼうの煮物
・ゆで卵
・おから炒り
・三五八漬け
・ごはん・梅ふりかけ
・いちご

<今日のポイント>
スペアリブは小さなものをみりん醤油に一晩漬けて、今朝片栗粉を揚げて低温でゆっくり揚げました。高温にすると、中に火が通る前に焦げます。

<今日の(@@)>
朝刊のニュースから
米芸能誌ピープルは27日発売号で「07年のもっとも美しい人々」を特集、女優のドリュー・バリモアさん(32)を「世界で最も美しい人」に選んだ。(中略) (バリモアさんは)美しさのためにしていることとして「夜、必ず顔を洗う」。また、「幸せこそが、きれいにしてくれる」と同誌のインタビューに答えた。


・・・・
夜顔を洗うだけで美人になれるのなら、いっくらでも洗いますとも!
[PR]
by myobento | 2007-04-27 21:04 | 弁当

チキングリル弁当

f0005043_20422763.jpg

<今日のお弁当>
・チキングリル
・ゆで卵
・アスパラとしめじのソテー
・きんぴらごぼう
・茄子の揚げ浸し
・プチトマト
・ごはん・梅ふりかけ

<今日のポイント>
チキングリルは昨晩塩を振っておいて、今朝、魚焼き用グリルでこんがり焼き、最後に「ゆずこしょう」を塗りました。おいしいですよ~。
魚焼きグリルは確かに洗うのがたいへんですが、温かいうちに熱めのお湯で、亀の子たわしでごしごしすればすっきりと・・・



あ゛、グリル、洗い忘れた~。
[PR]
by myobento | 2007-04-26 20:46 | 弁当

自家製筍ごはん弁当

f0005043_20373623.jpg

<今日のお弁当>
・豚肉のアスパラ巻き
・たこ焼き風卵焼き
・きんぴらごぼう
・切り昆布と油揚げの煮物
・きゅうりと蕪の三五八漬け
・プチトマト
・筍ごはん

<今日のポイント>
たこ焼き風卵焼きには、紅しょうがと小ねぎのみじん切りと小エビが入ってます。砂糖は入れずにそばつゆで味付けしてみました。
ところで、炊き込みごはんのお弁当ってみなさんどうしてらっしゃいますか?
できれば朝炊きたてを入れたいな、と思ったのですが、それには、5時半起きしなければ無理。(白いご飯と違って)タイマーで炊くわけにもいかないし。そこで、苦肉の策として、夕ご飯の後仕度をして、寝る直前にスイッチオンしてみました。
なんですが、夜中に筍ごはんのいい香りがただよって、おなかがぐぅぐぅなってしまいました(苦笑)
[PR]
by myobento | 2007-04-25 20:43 | 弁当

チーズカツ弁当

f0005043_2061486.jpg

<今日のお弁当>
・チーズカツ
・卵焼き
・筍と豚三枚肉の煮物
・切り昆布と油揚げの煮物
・きんぴらごぼう
・プチトマト
・ごはん・高菜漬け

<今日のポイント>
今日お弁当に入っているレタスと山椒の葉、それに筍は庭で取れたものです。キッチンガーデンでハーブを摘む、というような素敵な奥様な生活からは程遠いんですが、それでも、庭でつんだものを入れてお弁当を整えられることに幸せを感じます。
・・・ってきれいにまとめようと思ったんですが、レタスにアブラムシがついてしまったので、さっそく退治しに行ってきます(苦笑)

<今日の♪♪>
火曜日の夜はいつもテンションが高いんですよ~。
なぜって、火曜日の仕事がすっごくうれしいので。
4月から、20歳くらいの若い人たちを50人くらい指導する仕事をしています。どうして若い人って、こうかわいいんでしょうね。見ているとまぶしくて、ぎゅっと抱きしめたくなります。(セクハラになるからしないけど。)
「人生つらいこともいろいろあるけど、まっすぐ前を向いていれば、きっといいことがたくさんあるよ」
って声をかけたくなっちゃいます。(怪しいから、しないけど。)
若い人が何をしてもかわいい、って思えるのって、私が相当年をとったっていうことなんでしょうね (^^;)
[PR]
by myobento | 2007-04-24 20:12 | 弁当

豚の角煮弁当

f0005043_21294441.jpg

<今日のお弁当>
・豚の角煮
・卵焼き
・イカのガーリックソテー
・きゅうりの梅紫蘇和え
・筍の酢味噌和え
・きんぴらごぼう
・プチトマト
・ごはん・梅ふりかけ

<今日の・・・>
娘が昨日から風邪。夫は本日から風邪。
せっかくいい気候になってきたのにかわいそうね。
ところで、みなさまGWの予定は立ちましたか? GWはどちらへでかけても混雑するので、遠出はしないのですが、一日くらいハイキング&日帰り温泉に行きたいな、と思ってます。どこがいいかな。ハイキングガイドを見ながら本日はゆっくりお風呂にでも入ることにしましょ。
[PR]
by myobento | 2007-04-23 22:16 | 弁当

地球に生まれてよかった。(part2)

今週は雨続きで、庭の筍が「うようよ」という感じで出てきました。そこで、本日は友人が頼もしい助っ人を連れて筍掘りに来てくれました。小学生と幼稚園の2人の男の子。久しぶりの小さい子の来訪でワンコは大喜び。
さすが男の子ですね~。大小10本以上の筍を1時間で掘ってくれました。
筍がゆであがるまで、ひとしきりワンコと遊んで、まだほかほかの筍をもっておうちに帰っていきました。

さて、ふたりが掘ってくれた筍で、我が家も筍満載の夕食。(色合いは地味ですが。)
f0005043_20575541.jpg

<今日の夕ご飯>
・筍ごはん
・鰆の木の芽味噌焼き
・新わかめと筍とふきの炊き合わせ
・くずし豆腐のホタテ和え
・ナスとピーマンの味噌炒め
・地はまぐりの吸い物

筍、まったくえぐみがなく、甘さが口いっぱいに広がります。新わかめは塩蔵ではなく、刺身用を買い求め、別に煮ておいてから、炊き合わせた筍とふきにかけました。あう~、新わかめがとろとろ~。筍にからまってバカうま~。
鰆は、さすがに魚偏に春!今がいちばん脂がのっておいしいです(泣) 庭から木の芽をとってきて、すり鉢で味噌と砂糖とすり合わせたものを、身に塗って焼いてみました。
高知のやわらかナスは今年初物。青森のにんにくと炒めたところに、味噌とみりんで味付けしました。
そして、春の地はまぐりの薫り高さよ!
「いくらお金を積まれても、月にだけは行きたくないよね~。だって、季節のおいしいものを食べられないもん」(娘)
「あー。うちの子に生まれてよかったなぁ」(夫)
(夫を産んだ覚えはないけど。)

家族全員で地球に生まれたことに感謝しつつ、にっこにっこしながらいただきました。
ちなみに、デザートは、石鍋商店のくずもちでございます。
[PR]
by myobento | 2007-04-21 20:58 | 料理

地球に生まれてよかった。

今日は夫とふたり、こんなところに行ってきました。
f0005043_20105265.jpg

ちょっと深山幽谷っぽいでしょう?
実は、東京23区内なんですよ。

ここは、狐の里(って、今はいませんけど)王子の名主の滝公園です。王子は起伏のある水の豊かな土地で、ここに流れ込む神田川があちこちで滝となって落ちているのです。今日は、飛鳥山から旧古河庭園、音無親水公園を経て、名主の滝、王子稲荷をめぐるお散歩。いっしょに行こうね、と去年から約束していたのをようやく今日果たすことができました。

なのですが、本日2人のいちばんのお目当ては、こちら。
f0005043_20192033.jpg
東京下町以外の方は、これ、なんだかわからないのではないでしょうか。
「豆かん」といいます。
みつまめ、ってありますよね?あれの果物やぎゅうひは入っていなくて、茹でえんどう豆と寒天だけのものを東京下町では「豆かん」といいます。
私は、東京都下の生まれなので、結婚するまで「豆かん」を知りませんでした。そんな私に、夫は
「ふん」
と侮蔑を込めたまなざし。
「でも、豆だけより、果物やアイスクリームがのっていたほうが楽しいでしょう?それに、みつ豆の豆って堅くてぼそぼそしててまずいし。」
「・・・そうか。新宿より向こうには、うまい豆がないのか。気の毒だな」
(むっ。新宿より向こう、って何よ!)
「じゃぁ、おいしい豆かん、っていうのを食べさせてよ」
と言って連れて行ってもらったのが、浅草の梅むら。

お、おいしい。これが、おいしい豆の豆かんなのか・・・
「どうだ、参ったか」
「・・・はい、参りました」
こうして、私は豆かんに開眼したのでした。ただし、シンプルなつくりですからごまかしがききません。納得できる豆かんを出す店は、数えるほどしか出会ったことがありません。

なのですが、今日は、私が夫にリベンジする日なのです。私が発見した、王子稲荷並びの「石鍋商店」の豆かんを食べて、ビビルなよ。
「・・・」
「どう?どう?どうなのよ?」
「う・・・うまい」
「おーっほっほ。どう?宇宙一おいしいでしょう!」
「・・・うん」
石鍋商店の看板は、神津島産の最高級の天草を使った寒天。寒天だけそのまま食べてもびっくりするほどおいしいのです。お口の中に清清しい風がとおりぬけるような気がします。
この寒天に負けずにおいしいのが、ほとんど皮の存在を感じさせないふっくらとしたえんどう豆。本日できたてをその日のうちに、という昔ながらの製法です。

ということで、本日より、我が家的には、王子の石鍋商店を「宇宙一豆かんのおいしいお店」と認定いたしました。(ちなみに、我が家的には、上野のうさぎやが「宇宙一どらやきのおいしいお店」ということになっております。)

ほんと、地球に生まれてよかったです。
[PR]
by myobento | 2007-04-21 20:33 | グルメ

母のお手製弁当

f0005043_20454044.jpg

<今日のお弁当>
・中華風オムレツ
・枝豆
・ふき豆
・焼き鮭
・菜花のおひたし
・筍と油揚げの煮物
・ごはん・梅ふりかけ

<今日のポイント>
朝、起きてみたら、テーブルの上にすでにお弁当のおかずができてました。昨日我が家に泊まった母が早起きして私と娘のお弁当を作ってくれたのです。春巻きのような形のオムレツは、子どものころ母によく作ってもらった懐かしい味。薄切りの玉ねぎとひき肉を炒めて塩コショウしたのを、薄焼き卵で巻いたものです。
筍と油揚げの煮物は、その後台所を交代した私が作りました。
[PR]
by myobento | 2007-04-20 20:49 | 弁当

毎朝20分で作る!お弁当の記録


by myobento

プロフィールを見る
画像一覧

お弁当を作り始めて
早20年。
フルタイムで働く私と家族のお弁当を作っています。時代遅れのお弁当ですが・・・

検索

タグ

画像一覧